親子

体に必要不可欠な活性酸素を体内に取り入れる方法

肝機能を高める

栄養補助食品

フコイダンはHGF(肝細胞増殖因子)を産出させる効果が知られており、肝臓に負担をかけている人に摂取してもらいたい成分です。その摂取の仕方は水溶性食物繊維でもあるため、スープなど水と一緒にするのがベストです。

More...

抑制して体を守る

錠剤

増えすぎると良くない

活性酸素は体に必要なもので、悪い菌や細菌アドから細胞を守ってくれます。しかし、その数が増えすぎてしまうとせっかく守ってくれるはずのものが細胞を錆びさせてしまい、老化を進行させてしまう原因となるのです。なぜ活性酸素が体内で増えすぎてしまうのか、それは体や精神に負担をかけることで分泌されていくのです。身体的には激しい運動を行なったりタバコを吸ったり過度な飲酒をすることのほか、精神的な面ではストレスをため込みすぎてしまったりショックを受けたりするなど、それらの負担を感じると活性酸素は体を守ろうと分泌され増えていきます。その増えすぎを抑えるために、活性酸素の分泌を抑制する効果のある栄養素を摂取することが必要となります。

ルイボスティーが良い

活性酸素を抑制する効果のあるものはいろいろとあります。その1つにルイボスティーがあげられます。ルイボスティーは最近人気を呼んでいるお茶で、栄養素が豊富でいろんな効果を引き出すことができる上にノンカフェインで赤ちゃんや妊婦にも飲むことができると言う、体に優しいお茶なのです。ルイボスティーを飲むことで活性酸素の増えすぎを抑え、老化の進行を抑制しながらアンチエイジング効果を活かし美肌効果につながります。そのほかにも活性酸素が増えすぎることで疲労が取りにくくなり、だるい日が続くようになるのを改善し体の調子を取り戻し、疲れを取り除いてくれます。毎日ルイボスティーを飲むことで活性酸素を抑制し、体の調子を取り戻しながら若々しい肌を維持させることができるようになります。